2013年07月01日

先輩棋士、将棋世界、コンフェデなど

ここのところ週1くらいの更新頻度ですが、元気にやっています。
今日から2013年も後半戦。もうちょっと更新頻度をあげていこうかと思います。

先週はよく飲みに行き、それ以外でもお話を伺う機会が多かったです。
金曜日に先輩棋士に聞いた高柳名誉九段のお話は、新鮮な話が多くて興味深いものでした。
ゴム盤や職団戦は高柳名誉九段が発案された要素が多いそうで、「アイデア豊かな実業家」という素顔は、名伯楽という印象を随分と違うものにさせられました。

将棋世界では木村義雄十四世名人の生い立ちの連載が始まっていますが、筆者の老師(河口七段)に伺ったところ、やはり面白い話が多くありました。今後の連載が楽しみです。
最近昔の先生方の生い立ちに強く興味惹かれています。また老師の御高説を拝聴しないと。
ちなみに将棋世界は8月号がもうすぐ発売です。ノリに乗っている行方八段のインタビューやメンバーが変わったイメ読みにも注目です。
将棋世界 2013年 08月号 [雑誌]



昨日は社団戦に初めてお邪魔しました。1000名以上の将棋ファンが集結して真剣勝負を戦うのは壮観です。
知人や懐かしい人にもお会いできて楽しい時間でした。
教え子が来ていて、当時の小学生がすっかり青年になっていたのには、時の流れを感じました。

今日の朝はコンフェデの決勝を。ブラジルの強さに驚嘆でした。スペインファンとしては残念な内容と結果でしたが、今回はブラジルの強さを堪能しました。
昼は久しぶりにテニスへ。雲が多くて暑すぎず、いい気候になりそうです。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。